サイトトップ>資生堂 ファンデーション>専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50・PA+++(40mL)【専科】[UVケア 日焼け止め]
専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50・PA+++(40mL)【専科】[UVケア 日焼け止め] 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 :爽快ドラッグ
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 658円

【ブランド】専科【発売元、製造元、輸入元又は販売元】エフティ資生堂【専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50・PA+++の商品詳細】●「毎日気持ちよく、安心して日やけ止めを使いたい」という声に応えました。●紫外線防止効果と肌にやさしい使い心地を追求●素肌感覚で使える「ミネラルウォーターでつくったUVジェル」です。●強い紫外線をしっかりブロック肌表面近くに作用する紫外線B波から、肌の奥まで入り込み、弾力を失わせるA波まで長時間、強力にブロック。紫外線による乾燥などのダメージから肌を守ります。●やさしいつけ心地ミネラルウォーターベースで、肌にみずみずしく広がりスーっと透明になじんで、白く残りません。※ミネラルウォーター100%を使用●すべすべの仕上がりさらさらベビーパウダー配合で、すべすべとした赤ちゃんの肌のような感覚が続きます。●専用クレンジングいらず汗や皮脂に強いのに、石けんで落とせます。●ファンデーションの前にお使いいただくと、のり・つきが良くなります。●無香料・無着色・鉱物油フリー・アレルギーテスト済み(全てのかたにアレルギーが起こらないというわけではありません。)●配合している天然ハーブエキスからほのかな香りがします。●顔・からだ用※SPFとは、短時間で肌に赤み・炎症をおこさせ、黒化につながりやすい紫外線B波から肌を守る効果を示す指数です。※PAとは、一時的な黒化を引きおこし、長時間かけて肌の弾力を失わせる紫外線A波から肌を守る効果を示す記号です。「PA+++」とはその効果が非常にあることを示しています。※商品のSPF表示及びPA表示は、国際SPF試験法に定められている塗布量1平方cmあたり2mgを皮ふに塗布して測定した結果です。【用途】・顔・体用【使用方法】・2層タイプなので、よく振ってからお使いください。・顔や首には、朝のお手入れの最後に適量をとり、ていねいになじませます。からだには、容器から直接肌の上に線状にとり、手のひらで円を描くようにムラなくなじませます。・使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません。・汗をかいたり、タオルで拭いた後などは必要に応じて塗りなおしてください。・落とすときには、普段お使いの洗浄料で、ていねいに洗い流してください。【成分】シクロメチコン、水、イソドデカン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、オクトクリレン、ポリシリコーン-15、酸化亜鉛、PPG-17、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、酢酸ステアリン酸スクロース、ポリメチルシルセスキオキサン、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、AMPD、塩化Na、塩化Mg、塩化Ca、タルク、ジメチコン、グリセリン、イソステアリン酸、トリエトキシカプリリルシラン、EDTA-3Na、オレンジ油、BHT【注意事項】・目に入らないようにご注意ください。目に入った場合は、すぐに水かぬるま湯で洗い流してください。・衣服についた場合はすぐに洗剤でていねいに洗ってください。洗う際には、塩素系漂白剤のご使用はさけてください。・傷やはれもの・湿しん・かぶれ・ただれ・色素異常などの症状がある部位にはお使いにならないでください。・赤み・はれ・かゆみ・しげきなどの異常があらわれた場合は、ご使用をおやめください。続けてお使いになりますと悪化させることがあります。(ミネラルウオーターで作った)/(/F200402/)/専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50・PA+++に関する詳細なお問合せは下記までお願いしますエフティ資生堂105-8310 東京都港区東新橋1丁目6番2号0120-81-4710広告文責:株式会社爽快ドラッグ[UV 日焼け止め/ブランド:専科/][化粧品・コスメ・ビューティー>UV 日焼け止め>UV 日焼け止め SPF25?50>専科ミネラルウォーターでつくったUVジェルSPF50・PA+++ (40mL)]

サイトトップ>資生堂 ファンデーション>専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50・PA+++(40mL)【専科】[UVケア 日焼け止め]


このページの情報は
2013年8月14日14時5分
時点のものです。

このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。